採用難の市況において注目されている「スカウトメール」

有効求人倍率の上昇により、1人の求職者を複数の企業が取り合う市況において、どの企業も人材確保に苦戦しています。

そんな中、ターゲット応募を集めるために有効なツールとして注目されている「スカウトメール」

採用手法においても、スカウトメールを活用した「ダイレクトリクルーティング」などがトレンドとなっています。

 

今回は、なぜスカウトメールを活用すべきなのか、また応募効果を上げるための文面のコツをおまとめします。

 

1. そもそもスカウトメールとはどんなツールか?  

企業が直接求職者にコンタクトできるメールツール

女の転職typeであれば、求人広告を掲載しながら登録ユーザーを送信対象条件(年齢・現住所・経験職種など)でしぼり、

Webレジュメを見た上で、企業から直接メッセージを送ることが可能です。

一斉配信型のDMやメルマガよりも「特別感」が出ることで、開封率や返信率が高いという傾向があります。

 

2. なぜスカウトメールを活用すべきなのか?  

求職者の転職活動のスタイルの変化

売り手市場の今、「企業が求職者を選ぶ」⇒「求職者が企業を選ぶ」という市況に変化しています。

そのため、転職活動のスタイルについても、「自発的に求人情報を集めるよりメールで良い求人がきたら応募してみる」というスタイルに変わっています。

 

②競合が多い中で、掲載しているだけだと埋もれる

求人情報があふれている中、名の知れた大手企業であれば社名だけで求人を見てもらえるかもしれませんが、

中小企業については、ただ掲載しているだけでは競合他社に埋もれてしまいます。

そのため、「待つ」のではなく企業から「攻める」のツールとして、スカウトメールを活用すべきなのです。

 

3. 実際に利用者数は増えている

年々、スカウトメールを利用して転職活動を行う求職者は増えています。

特に、20代・30代の利用率は年々高くなっています。

▼女の転職typeにおけるスカウト利用者数データ

※スカウトメールON…女の転職typeユーザーでスカウトメールを受け取っている人

scoutmail_7

scoutmail_6

 

4. スカウトメールの返信率を上げる文面とは?

①件名を工夫する

まずは開封してもらうために、一番伝えたいことをコンパクトに伝えましょう。

※例※「ぜひ面接にお越しください」「あなたの目指すキャリアについてお聞かせください」

 

②スカウト受信者が「なぜ自分にきたか」が分かる文面にしましょう

配信対象者に合わせて「あなたのレジュメにおける●●の経験を評価し・・・」「今回は○○の経験者を募集しています・・・」など、

どんな点を見てスカウトメールを送っているかを明記すると、配信対象者への訴求力が高まります。

 

③スカウト受信者が当事者意識を持つような内容にしましょう

転職者に「活躍するイメージをもってもらう」こと、「入社したらメリットがありそう」と感じさせることが大切です。

※例※「『もっと上流の工程に関わってみたい』と思っていませんか?」

 

▼文面のコツ・例文をまとめた資料はこちら▼

資料ダウンロードページへ

いかがでしょうか?より詳細な情報などが必要な場合は、お問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

 

▼こちらも記事もオススメ▼

スカウトを送るのに適したタイミングはいつ?

閲覧率を上げるスカウトメール送信のコツをご紹介します。時間のかかるスカウトメールを効率良く運用しましょう!