スカウトメールの開封率を上げるコツは”送信タイミング”にあり!

即戦力となる優秀な女性を採用するためには、
スカウトなどのアプローチツールを使った「待ち」ではなく「攻め」の動きが不可欠です。
ただ、送信対象者を絞ったり、オリジナルの文面を考えたりする作業は
想像以上に時間がかかりますよね。

にもかかわらず、どんなに時間をかけて送ったメールでも
優秀なターゲットであればあるほど、開封率は僅か数%ということも・・・

「せっかくスカウトを送るなら、メールを見てもらえるタイミングを狙いたい!」
そう思っている採用ご担当者様へ、参考にしていただけるデータをご共有します!


▼スカウトメール経由の求人閲覧ユーザー数推移(計測期間:2019年10~12月)

uki_knowhow_weekuki_knowhow_time

 


pointお昼休憩の前後や、仕事上がり直後にスカウトメールをチェックしている
傾向があり、
ここがスカウト送信の狙い目です!

求職者がメールを確認する時、
受信BOXの出来るだけ「先頭」に自分が送ったスカウトメールが表示されるように
メールを見る時間帯の「少し前」を狙うのがオススメです。

送信するタイミングだけでなく、メールの内容についても
受け取る側の状況や気持ちを想像しながら文章を作ることで
相手の心に刺さるスカウトメールになります。

経験者採用の成功事例